聞き取り調査 内容説明書

EXPLANATORY STATEMENT FOR PARTICIPATION IN A RESEARCH INTERVIEW

研究課題名:日本の研究教育機関に勤める外国人若手研究者の職務経験と意識調査
Project Title: A Study of the work experience of foreign early career researchers in Japan

本調査の責任者(櫻井勇介 お茶の水女子大学)は、日本の研究機関に属する外国人若手研究者の職務経験を明らかにするための研究プロジェクトを開始しました(共同研究者 Mason, Shannon Lee 長崎大学)。以下の通り研究の趣旨をご理解いただきご協力くださいますよう、お願い申し上げます。


The principal researcher, Yusuke SAKURAI, Ochanomizu University, requests your consent for participation in an interview for a study to unpack the work experiences of foreign early career researchers in Japan (Co-researcher Mason, Shannon Lee, Nagasaki University). This Explanatory Statement explains about the project.

Business Lunch Meeting
 
product-school-R7mvaKQf-IA-unsplash.jpg

本研究の対象者は、

  1. 「研究者」を自認しているか、日本国の大学や研究機関に籍を置いている(現在の物理的な勤務場所は問わない)

  2. 「日本国籍」を有していない

  3. 「(一つ目の)博士号取得後8年未満」または「博士号未取得の40歳未満」である、の3つの条件をすべて満たす方です。

This project is designed to solicit contribution from foreign early career researchers who meet all the following three criteria. Those who:

  1. consider yourself a researcher, or are affiliated in a Japanese university or research institute (irrespective of your current physical workplace);

  2. do not have Japanese nationality; and

  3. less than 8 years after (first) Ph.D. or 39 years old or younger without Ph.D.


研究方法は、本調査責任者による日本での研究者としての職務経験に関する内容のインタビューにお答えいただくもので、日本語または英語(またはその併用)で行われ、時間は45-75分程度です。

Interview questions will ask about foreign early career researchers’ career life experience in Japan. The interview will be carried out by the principal researcher in either/both Japanese or/and English and take about 45-75 minutes.


インタビューへの参加にあたり、以下の内容をご確認ください。
Please read this Explanatory Statement before agreeing to an interview.


研究への参加は皆さまの自由意思に基づくものであり、参加を始めた後でも、いつでも途中で取りやめることができ、また、話したくない質問には無理にお答えいただかなくても結構です。
Participation in this study is completely voluntary. Please be aware that even if you have decided to participate, you may stop participating at any time and decide not to answer any specific question(s).


一般的な生活で経験する事柄を超えるような危険は生じないと考えられます。しかしながら、業務上の個人的な苦労を思い出して語る場合には一定の不快感を持つことがあり得ます。

There are minimum risks associated with participating in this research, which means those equal to the ones experienced in everyday life. Some of the questions are personal issues at one’s workplace and might cause discomfort when recalling and talking about them.


インタビューは録音いたします。音源はパスワードで保護されたパソコンに保存され、本研究責任者の研究室からは決して持ち出されません。
The audio-recorded interview data will be stored solely in a password-protected computer located at principal researcher’s office, Ochanomizu University.


インタビューの音源と逐語録は本研究責任者のみが取り扱います。共同研究者はこれらの元データを取り扱うことはなく、匿名化された逐語録の抜粋のみに限って取り扱うことがあります。
Any raw audio materials and transcripts generated in this project are accessible only by the principal researcher. The co-researcher does not handle the raw data but has access to the excerpts of anonymised transcripts.


聞き取り調査の音源は本研究課題終了後に即破棄されます。また、聞き取り調査の逐語録は研究プロジェクトの終了から10年間保管されます。
The audio recorded data files will be deleted immediately after the project ends. All the transcripts will be stored in 10 year-time after the project


研究の成果は、学会、シンポジウム、学術冊子での発表を考えています。その際、インタビューの逐語禄が部分的に用いられますが、個人が特定されない形で加工され、個人情報と語られた個人の情報は守られます。
Research outcomes will be made in the formats of oral presentations and scholarly journal publications. Some excerpts of interview transcripts will be presented, but the researchers will maintain the confidentiality of the research records or data by changing participants’ names and disguising any details which may reveal their identity or the identity of people the participants speak about.


ご協力いただける方は、同意書へのサインをお願いいたします。研究(インタビュー)に関する疑問等がございましたら、いつでも下記連絡先へお問い合わせ下さい。
If you agree to participate, please sign in the spaces provided on the Consent Form. Please feel free to contact the principal researcher by e-mail if you have any questions about the interview during anytime you desire.


Principle researcher: Yusuke SAKURAI, PhD. Ochanomizu University
研究責任者 櫻井勇介 お茶の水女子大学

Email: sakurai.yusuke@ocha.ac.jp


Co-researcher: Mason, Shannon Lee, PhD. Nagasaki University
共同研究者 Mason, Shannon Lee 長崎大学


 もし本研究代表者の研究遂行中において、研究者本人に申し立てにくい懸念事柄がある場合には、本学の人文社会科学研究の倫理審査委員会に直接ご相談ください。
If you find any wrongdoings and concerns in the researchers conducting this research, you can contact Research Ethics Committee, Ochanomizu University at kenkyo-TL@cc.ocha.ac.jp.