本研究室で学びたい学生へ
|FOR PROSPECTIVE STUDENTS INTERESTED IN THIS RESEARCH GROUP

 

重要|IMPORTANT

現在、お茶の水女子大学での研究生、大学院生の受け入れを停止しております。2022年度4月以降にお問い合わせくださいますようお願いいたします。
Currently, a new intake of research and postgraduate students has been suspended. If you are interested in studying under my supervision, please contact me after April 2022. 

​​.

.

以下の分野の研究を行う方は特に歓迎します|
STUDENTS/RESEARCHERS INTERESTED IN THE FOLLOWING FIELDS ARE HIGHLY WELCOME.

  • 留学生の学びの質評価

  • 学生の主体的な学びに繋がる主体的な学習行動

  • 留学生や国際若手研究者(博士課程の学生含む)の学業エンゲージメント

  • 国際教育プログラムの質評価

  • 教育活動におけるクリエイティヴィティを促す教育や学習活動

当研究室は研究生、大学院生(前期・後期)を受け入れております。博士取得済みの研究員の受入れの可否は、お気軽にお問い合わせください(sakurai.yusuke@ocha.ac.jp)。【注意事項】特定の国籍の学習者に注目し、彼らの特徴のみを明らかにする研究計画は積極的に受け入れておりません。特定の国籍の学習者に注目しながらも、国際的な場における人間の学習や能力開発の理解の深化につながる研究なら大歓迎です。

  • Quality assessment of students' learning and engagement in studies

  • Student's self-regulation of learning

  • International students' and early career researchers' academic engagement (including doctoral students)

  • Quality assessment of international programs

  • Pedagogy for nurturing students' creativity and creativity in teaching and learning

Those wishing to pursue (post)graduate studies or to study as a research student (kenkyusei) at Ochanomizu University are welcome. I will ask for your personal details and academic records later. If you are a researcher with a doctorate and thinking to work as a postdoctoral researcher, please do not hesitate to email me. N.B. I feel reluctant to supervise research projects which exclusively attempt to reveal the characteristics of individuals of a particular single nation. However, research which deepens our understanding of learning and development in international settings via focusing on individuals of particular nations is welcome. 

指導が可能な研究や分析のアプローチ|
RESEARCH METHODOLOGICAL APPROACHES USED IN OUR RESEARCH TEAM

  • 内容分析・テキスト分析

  • オートエスノグラフィー

  • インタビュー・フォローアップインタビュー

  • 解釈的現象論的分析/アプローチ

  • 単変量・多変量解析(基本的な帰無仮説検定・多変量解析)

  • ヴィジュアル分析

  • システマティックレビュー

  • Content analysis・Text analysis

  • Autoethnography

  • Interview/follow-up interview

  • Interpretative Phenomenological Analysis (IPA)

  • Uni/Multivariate analysis (Basic statistical testing & Multivariate statistics)

  • Visual analysis

  • Systematic review

研究生(学部・博士前期課程・博士後期課程)の受け入れ方針|
(GRADUATE) RESEARCH STUDENT ADMISSION POLICIES

研究生の受け入れについては、以下の点を総合的に判断して決定しています。

  • 学部(大学院)での成績

  • 研究したい事柄の基礎的知識を持っているか

  • 研究方法論の基本的知識(基礎的な統計と認識論や哲学の知識)を持っているか

  • 持続的に英語運用力を伸ばし、博士前期課程(修士課程)の後半、または博士後期課程の修学中に自分の研究テーマについて国際学会での発表をする意思があるか

研究計画がまとまったこちらのフォームへ入力して櫻井(sakurai.yusuke@ocha.ac.jp)にメールで連絡をしてください。

なお、ありがたいことに多数の入学希望者からお問い合わせをいただいております。全ての学生を受け入れることはできませんので、どうしても日本で学びたいという方は他の研究室もご検討ください。

Research student candidates are admitted on the basis of the assessment of following documents.

  • Undergraduate/postgraduate academic records

  • Basic knowledge in the field of research

  • Basic knowledge of research methodology (basic statistics, epistemology, & research ethics)

  • Willingness to develop English competence and make an oral presentation at an international scholarly conference in the second year of Master's degree.

If you have prepared your research proposal, fill out this form and email me on sakurai.yusuke@ocha.ac.jp.

There have been many enquiries from students abroad. Unfortunately, a few of them can be admitted through. If you are highly willing to study in Japan, I would recommend to consider "plan B" to do so (e.g., other research teams).

研究生の手続きのタイミング|
SCHEDULE OF YOUR APPLICATION FOR A RESEARCH STUDENT STATUS

入学手続きの正確な情報は本学ウェブページをご確認ください

一般に出願期間は以下の通りです(「外国人留学生研究生」は下記)。

  • 前期からの入学の場合は2月半ば

  • 後期からの入学の場合は7月半ば

「外国人留学生研究生」の出願期間は以下の通りです。

  • 前期からの入学の場合は11月上旬

  • 後期からの入学の場合は6月上旬

「外国人留学生研究生」としての入学をご希望の方は、本ページの情報を確認の上、以下の期限までに事前にご相談ください。

  • 前期からの入学の場合は10月半ば

  • 後期からの入学の場合は5月半ば

受け入れ可否の決定は10月末-11月初旬頃(前期からの受け入れ)、または5月末‐6月初旬(後期からの受け入れ)の予定ですので、その点をご留意ください。

International applicants have application submission deadlines around:

  • mid November for the April intake or

  • mid June for the October intake 

(please refer to the update at the university admission website).

To apply, international applicants must be accepted by thier prospective supervisor (myself) in advance. Please look through the information on this page and consult me on your study plan by email by: 

  • mid October for the April intake or

  • mid May for the October intake. 

The decision of your admission is made during late October - early November for the April intake and late May - early June for the October intake.

大学院入試の受験手続きについて|
PROCESSES FOR ENTRANCE EXAM

2月に行われる大学院入試を受けて、当研究室で学ぶことを志望される方は、下の「修士課程入試の準備のための参考資料(Reading materials)」を参考に受験勉強をしてください。

  • 入試で出題される問題はコースの各教員の専門とする分野からも出題されますので、各教員のウェブページを見て、戦略的な準備をしてください。
  • 大学院入試の前の面談は任意です。直接入試を受けてくださってもかまいません。


  • Students applying for our Master's course are advised to study the following suggested reading materials.

  • Entrance examination also covers the major subjects of other professors in the same course. Look into the researchers' websites and prepare strategically for the exam.

  • Prior consultation to Master's entrance examination is not mandatory. You can sit for the examination without my prior approval. Good luck!

修士課程入試の準備のための参考資料|
READING MATERIALS USEFUL FOR ENTRANCE EXAMS

櫻井の研究業績はこちらのページにまとめてあります。

  • 有川友子(2016)『日本留学のエスノグラフィー: インドネシア人留学生の20年』大阪大学出版会

  • 加賀美常美代(2019)『異文化間葛藤と教育価値観: 日本人教師と留学生の葛藤解決に向けた社会心理学的研究』明石書店

  • 坂本利子他(2017)『多文化間共修: 多様な文化背景をもつ大学生の学び合いを支援する』学文社

  • 子島進・藤原孝章(2017)『大学における海外体験学習への挑戦』ナカニシヤ出版

  • 松尾睦(2006)『経験からの学習:プロフェッショナルへの成長プロセス』同文館出版

  • 村田晶子(2018)『大学における多文化体験学習への挑戦: 国内と海外を結ぶ体験的学びの可視化を支援する』ナカニシヤ出版

その他、高見澤孟編(2004)『新・はじめての日本語教育1 日本語教育の基礎知識』(アスク出版)の「心理学」や増補改訂版(2016)の「学習ストラテジー」も参考になる

Please see the list of Sakurai's research outputs.